iPhoneのカメラで写真や動画を撮る際に手ブレ補正が破損しておりブレブレ状態で

うまく写真が撮れないiPhoneの相談をよくいただきます。

これはカメラ部分に衝撃が伝わりカメラパーツを交換する必要があります。(それしか直す方法がありません)

通称、「バイク病」「ライダー病」と言われておりますこの症状ですがツーリングの際にiPhoneにカーナビをセットしてハンドルに固定した状態で

数時間走るとバイクの振動がiPhoneに伝わりカメラがやられます。(やられるという表現が正しいかはわかりませんが)

お勧めはメインで使われているiPhoneをバイクにセットするのではなく以前に使用していた古いiPhoneに

simカードを差し替えてツーリングに出かけるのはいかがでしょうか!

写真を撮る際はメインの新しいiPhoneで写真が撮れますし、問題はないかと思います。

カメラの精度、性能が上がると逆に衝撃からの耐性が弱くなっていると感じます。

地面に落としたりしてもガラスも割れずカメラだけが真っ暗で映らなくなった症状など衝撃に弱くなっていると感じます。

本体重量も重くなっており仕方がないのかなと思いますがiPhoneで写真が撮れないのは機種変更もあり得る致命傷レベルかなと思っております。

カメラ交換の際は「i@Q大野城店」を宜しくお願い致します。